北アルプス交通トップ / お知らせ

お知らせ
◆バスの車内事故防止についてのお願い

ただいま、走行中のバス車内での事故を防止するため、
「車内事故防止キャンペーン」を実施しております。
走行中に席を離れると、転倒など思わぬけがをする場合があります。
お降りの際は、バスが停留所に着いて完全に止まってから席をお立ち願います。
また、バスは安全運転に徹しておりますが、やむを得ず急ブレーキを掛ける場合があります。
満席のため、お立ちになってご利用いただく場合には、吊革や握り棒にしっかりおつかまり下さい。

株式会社関電アメニックス
北陸信越運輸局長野運輸支局
公益社団法人 長野県バス協会

 

◆シートベルト着用についてのお願い

道路交通法の改正により、平成20年6月1日からは後部座席におけるシートベルトの着用が
義務化され、バスのお客さまにつきましてもシートベルトの着用義務の対象となります。

もとより安全運転に徹しておりますが、昨今の交通事情からして
万が一のことが生じないとも限りませんので、法律の趣旨をご理解いただきまして、
シートベルトを必ず着用くださいますようお願い申し上げます。

バスの車内事故防止に皆様のご理解とご協力をお願いします。

株式会社関電アメニックス
北陸信越運輸局長野運輸支局
公益社団法人 長野県バス協会

 

◆車の運転者さんや地域の皆様へのお願い

バスが蛇行して走っていたり、ハザードランプが日頃より数多く点滅していたり、
変わった色のランプが点灯していたり、あるいは行き先表示のところにSOS等が表示されていたら、
そのバスの車内では異常事態が発生しているかもしれません。
そのようなバスを見かけましたら、110番への通報をよろしくお願い申し上げます。

株式会社関電アメニックス(北アルプス交通)
社団法人 長野県バス協会
公益社団法人 日本バス協会

  ※なお、当社のバスには非常時ハザードランプの点滅回数が多くなる装置を備えている車両がございます。

 

◆貸切バスをお申し込みのお客様へ運送申込書へのご記入のお願い

平成24年4月に関越自動車道で発生したバス事故を受けましてお客様とバス会社の取引内容の
 明確化及び公正な取引の確保を図るため、両者に対し、運送に関する文書の作成・保存を
 平成24年7月20日のお申し込み分から国土交通省による通達により義務付けることと
 なりました。
 (道路運送法第9条の2第1項に規定する一般貸切旅客自動車運送事業者(貸切バス事業者)
 から交付された旅客自動車運送事業運輸規則(昭和31年運輸省令第44号)
 第7条の2に規定する運送引受書の記載事項が必須となりました。)

 したがいまして、貸切バスをご予約の際におわかりになる範囲をご記入頂き最終確認時
 (概ね運行開始1週間前)までに、全項目記入の上ご提出頂きたいのでお願い申し上げます。
 申込書をお送り頂き当社にて「運送引受書・乗車券」を発行させて頂きますので、
 お客様で旅行中及び旅行終了時まで保管頂きますようお願い申し上げます。
 (旅行業法等関係法令により保管期間が定められている場合は必要期間保存願います)
◇貸切バス運送申込書/引受書(PDFファイル)


 

◆旅行行程表の提出について
 貸切バスはお客様から頂戴しました行程表に基づき、バスの通行出来るルート等を
 調べ運行管理者がドライバーに運行指示をおこない運行しております。
 好天時、悪天時の行程等違う場合や立ち寄り箇所、見学箇所は最終確認時までに
 「最終行程表」をご提出の上お申し付け下さい。
 

 

◆貸切バスをお申し込みのお客様へ配車場所・乗降場所の確保のお願い

駐車禁止場所でのお客様の乗降は禁止されております。
  下記の場所では乗降できません。(駐車禁止場所)
  (1)「駐停車禁止」の標識や道路標示のある場所。
  (2)軌道敷内。
  (3)坂の頂上付近やこう坂の急な坂。
  (4)トンネル。
  (5)交差点とその端から5m以内の場所
  (6)道路の曲がり角から5m以内の場所
  (7)横断歩道、自転車横断帯とその端から前後に5m以内の場所
  (8)踏切とその端から前後10m以内の場所。
  (9)安全地帯の左側とその前後10m以内の場所。
  (10)路線バス、路面電車の停留所の標示板(標示柱)から10m以内の場所
     (運行時間内に限ります)
  (11)高速道路上(高速道路のバスストップを含む)

 私有地等におきましても、所有者等からお客様にて使用許可を得て頂いた場所での
乗降をお願いいたします。

大型バスは長さ12m×幅2.5m、
中型バスは長さ9m×幅2.5m、
小型バスは長さ7m×幅2.3mが車輌サイズです。

 


このページのトップへ